後縦靭帯骨化症の漢方相談

漢方相談で進行改善・症状軽減を目指します。

後縦靭帯骨化症の漢方相談

 骨化症と診断された場合は、出来るだけ早い対応が早期改善につながります。症状が軽いうちに相談をすることで早く症状が軽減する確率が高くなり、進行に対しても良い結果が得られやすくなると考えます。骨化症は進行性の病気。頚椎の場合ですとまず上肢・腕・手・指から痺れや痛み・麻痺が始まり、次いで足先から同様の症状が腰の方へ上がって歩行障害、排尿障害へ悪化していきます。当店に限らず、中途半端な考え方だけでは改善は難しいです。やるからにはしっかり取り組んでください。
  ○症状が軽いからといって経過観察はせず、早期行動が早めの改善の確率を高めます。
     ※何でもすれば良いというわけではないですのでご注意を。
  ○外科手術を受けても治ることは原則ありません。
     進行し続ける限り再発必須と考えるべき病気です。
 
 短期集中でよくなる病気ではないです。ある程度の継続期間(年単位)が必要なものです。当店ではお客様が継続していける方法を一緒に考えご提案しています。お悩みの方、ぜひご相談ください。
 
気になる漢方相談の代金は・・・
 人それぞれ症状は異なりますので、個人差が出てきます。男女でも変わってきます。
 目安として、30日分で2.5万円~4万円ちょっとまでの範囲でご要望と症状に応じて対応しています(最も多い費用は30日分で3万円~4万円のように思います)。重症またはより積極的な方法になれば+αになりますし、症状や体質の状況が好転してくればお薬量は減り最終的には飲まなくても問題ないくらいになります。ただ、その患部は一番体の弱い部分になりますので漢方相談終了後も予防の為に最低限のものを継続するすることを当店では勧めていますし、患部への負担はかけないように気をつけていただいています。
 また、これ以上悪化させたくないということを前提にすれば漢方代金もより少なくすることも場合によって可能だと思います。詳しくは相談の際に一緒に考えましょう。
 
 骨化症は、骨になってしまった部分は元に戻りませんが、体の機能を元の状態に戻れるまたは近づけられることが可能な病気です。より元の状態に近づくことで充実した生活を送れる可能性が出てきます。

  治療目的と代金の目安として・・・
    ①現状維持~コツコツ治療:現状を維持からコツコツ治療を目指す。
       ※再発防止にも有効です。
          月:13,000~28,000円を目安に
    ②通常:原則として進行を食い止め症状の軽減を目的とします
          月:28,000円~40000円を目安に
    ③積極的:症状が重いまたは、なるべく早い改善をめざして
          月:40,000円~
 上記はあくまでも目安です。重い症状の方でも①または②で治療されている方もおられます。一番重要なのは継続できるかです。予算的なこともですが、①②③と段階が上がるたびに飲む量や種類、回数が増えていきます。1日何回飲めるかも大切です。飲み忘れがしない飲み方というのも考えて、一緒に最適な方法を見つけましょう。ただスピードを求める際は、①よりも②、②よりも③になります。
 予算的なご要望がございましたら、上記の①~③の区分で相談の際にお伝え下さい。


患者さんたちから聞く話より
 骨化症の患者さんからのお話でよく耳にする1つに症状の軽減があります。ですがこれは病歴や程度の問題、生活(仕事)の内容もあり自覚症状で変化がわかるまでに個人差が大きいようです。
 骨化症が進行されていた方の話で多く共通しているのは進行の状況の変化です。今まで進行していたものが止まったと言うお話をよく聞きます。  図のように、漢方相談を開始後3ヶ月以上経ってからの検査①の状況とさらにそこから3ヶ月以上経過した検査②の状況に変わりが見られないということでした。もちろんその後の検査でも進行は確認されないようです。定期検査①までは漢方が身体に働くまでの時間差があるのでいくらか進行する可能性があります。
 症状が軽減して元の通りの生活に戻れるのが最終目標ですが、全ての人がそのようになることは難しいです。しかし、進行が止まらない限り改善は難しいでしょうし、徐々に症状としても辛くなり痛み・痺れ・麻痺が増して生活の質が低下してしまいます。

※当店の漢方相談で全ての骨化症に対応できる訳ではまだありません。ですが、相談して良かったと言って頂ける人が増えているのも事実です。ホームページでは十分伝わらない部分や尋ねたいことなどあると思います。まずは相談して頂き、それから当店と一緒に取組むかを決めていただければと思います。

前のページへ